モンスターカレンダー

« 2010年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

タカラトミーの「せんせい」で子供の気持ちを知る

| コメント(0) | トラックバック(0)

知育玩具でかなり昔からあって、子供がいる家庭には必ずあるんじゃないかと思うタカラトミーの「せんせい」を紹介します。


タカラトミー せんせい

我が家も娘が1歳のときに買って、今では息子も使っていてかなり重宝しています。

知育玩具に限らず、おもちゃは飽きたら使わなくなってしまうことが多いですが、このタカラトミーの「せんせい」は違います。

基本的に絵や字を書くことは何歳になっても行うことなので、かなり長い期間使えますよ。

 

イクメンパパとしては、子供が絵を描けるようになったり、字を書けるようになったりという成長はもちろんですが、今、子供が何に興味があるのか?どんな気持ちで毎日過ごしているのか?など、興味があるところですよね。 

タカラトミーの「せんせい」は、いつでも手の届くところに置いておくと、紙を準備してえんぴつなどで描くよりも、気軽に絵を描いたり、字を書いたりすることができます。

ただ絵や字を書いて、「上手だね~」で終わるのではなくて、描いたものによって子供が今どんなことに興味があるのか?どんな精神状態なのかなど、いろいろ読み取ることができます。

今、下の子は2歳、タカラトミーの「せんせい」で何かを描いて遊ぶとき、パパに「カメ、カメ」「チョウチョ、チョウチョ」「ニャンニャン、ニャンニャン」など、描いてくれとせがみます。

図書館などに行っても動物や昆虫の図鑑に興味があるようで、息子はあきらかに動く生き物に興味が向いているようです。

 

上の娘は4歳、絵を描くと、決まって家族の絵を描きます。

娘の興味は今、外(幼稚園や友達など)ではなく、家の中に向いている証拠です。

年々絵も上手になって、イクメンパパとしては娘の成長が嬉しい限りなのですが、描いた絵の内容も気になるところです。

今のところ家族4人の全員の絵を描きますし、人と人の距離感もほぼ均等、余白も適度にあるので、あまり気にすることはないかなと思っています。

どうしても親の目は下の子にいきがちなので、多少の不平等感や孤独感など感じているかもしれませんが、それがストレスになってくると、自分だけ少し離れたところに描いたり、自分だけ小さく描いたりという変化が出てくるかもしれません。

どんどん余白が少なくなり、白いところがなくなるほどたくさん描いたり、大きく描いたりということが出てくると、精神的に何か追い詰められていて、いっぱいいっぱいな状態ということが想像できます。

 

このようにタカラトミーの「せんせい」のような、絵や字を気軽に描ける知育玩具(ツール)を身近なところに置いておくことで、イクメンパパは子供から言葉以外の情報を知ることができるので、そのときの子供への接し方もよりベターな接し方を選択することができます。

 

クリアランス特集【トイザらス】

 

少し難しいことを書いてしまいましたが、単純に子供が絵や字を気軽に描けるものって便利で楽しいですよね。

時にはパパやママが絵を描いてあげたり、コミュニケーションツールとしてもすぐれた知育玩具だと思います。

我が家の「せんせい」は、「2カラーせんせい」というタイプですが、今では何色も描ける物もありますので、より楽しい絵が描けますよ。

 

最近嬉しいことは、仕事で遅くなって帰った夜に、娘が「パパおかえりなさい。おつかれさま」と「せんせい」に書いてくれていることです(笑)。

疲れも吹き飛びますよね~。

ここから購入できます → タカラトミー せんせい

 


この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア







「タカラトミーの「せんせい」で子供の気持ちを知る」と同じテーマの最新記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futakobu-papa.com/mt/mt-tb.cgi/100

コメントする

MT42BlogBetaInner

このブログ記事について

このページは、イクメン パパが2010年10月 7日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イクメンパパの休日。イクメンパパは何をすべきか?」です。

次のブログ記事は「シャークスチームモップで徹底除菌!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)

イクメン 自己紹介

イクメン パパ

イクメン パパの気分上々↑↑
運営者自己紹介

イクメン 関連用語

イクメン リンク集

レビューポータル「MONO-PORTAL」

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

あわせて読みたい

スポンサードリンク